ランサムウェア「WannaCrypt」への対処方法

猛威を振るうランサムウェア

 

先日から大騒ぎになっているランサムウェア「WannaCrypt」の対処を行いました。

このランサムウェアに感染するとコンピュータのファイルが暗号化され、パソコンが使用できなくなる可能性がありますので、慌てて対策を行いました。

 

1.自分のパソコンの環境

ノートパソコン:富士通 LIFEBOOK S935KX

OS:Windows8.1Pro(64bit)

 

 

2.マイクロソフト TechNetからの情報

ランサムウェア WannaCrypt 攻撃に関するお客様ガイダンス

 

対策として、「MS17-010」の適用を行う必要があるようです。

マイクロソフト セキュリティ情報 MS17-010 – 緊急 https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/security/ms17-010.aspx

 

 

3.修正プログラムのダウンロード

Windows8.1なので、上記の黄色の部分からダウンロードできそうです。

今回はロールアップではなくセキュリティパッチの適用のみとします。

ダウンロードページが出てきました。

上記の真ん中にある「2017 年 3 月 x64 ベース システム用 Windows 8.1 向けセキュリティのみの品質更新プログラム (KB4012213) 」をダウンロードします。

右側にある「追加」ボタンを押し、右上の「バスケットの表示」をクリックします。

右側の「ダウンロード」ボタンをクリックします。

 

4.修正プログラムの適用

ダウンロードしたフォルダにあるプログラムをダブルクリックして実行します。

 

インストールはすぐに完了します。完了したら、パソコンを再起動します。

 

以上でプログラム適用は完了です。

 

 

 

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です