WordPressでアドセンスの広告を自由に配置するにはこのプラグインを使おう!

Googleアドセンス広告の設定のしかたがよくわからない…

Googleアドセンス広告大きさ表示位置を変えたり、「スポンサーリンク」の文字をつけたいけど、コードがまったくわからず、途方にくれていました。

ネットで調べるとコードの書き方を解説してくれているサイトが多かったです。

情報工学科出身にも関わらずコードが書けない私には非常にありがたく、なく、…見れば見るほど、やはり途方にくれていました。

やっぱりあった「プラグイン」!

密かに期待していたのがプラグイン

やりたいことは、およそプラグインが解決してくれる便利なWordPressの世界。

今回もやっぱりありました。アドセンスの大きさや表示位置を自由に設定可能なプラグインが。

利用したプラグインは「AdSense Plugin WP QUADS」というプラグインです。

おかげでうまくアドセンスをコントロールできるようになりました。

以下に、AdSense Plugin WP QUADSを使ったアドセンスのメンテナンス方法を記載しておきます。

私が設定したAdSense Plugin WP QUADSの利用方法

まず、「プラグイン」の「新規追加」から、「AdSense Plugin WP QUADS」と検索してインストールします。

インストールすると、下のようなメニューができます。

次に、「WP QUADS」を使ってアドセンス広告をカスタマイズしていきます。

英語表記になっていますので、とりあえず設定したところだけ意味を忘れないようにメモっておこう。

まず「GENERAL&POSITION」タブで全体の設定

記事上、記事途中、記事下に設定したかったので、その場合は下の設定でOKです。

Limit Amount of ads はページ上に貼れる広告の最大数です。3になっていますので最大3つまでの広告を貼ることができます。

Googleアドセンスはどのみち3枚までしか貼れません。

「”Ad3”という広告をそれぞれの場所に配置してね」という設定になっています。

“Ad3″がどういう広告かは、隣の「ADSENSE CODE」タブで設定します。

次に「ADSENSE CODE」タブで広告コードを設定

先ほど設定した”Ad3”の正体はこのADSENSE CODEタブで設定したものです。

前タブで貼り付けた”Ad3”という広告は、Googleアドセンスサイトから取得した広告コードが設定されています。

Ad3はレスポンシブデザインにしたかったので、そのコードをコピーして貼り付けました。

ちなみに、上の図で説明できていませんが、下の方にある「Layout」という項目で画面の中央に広告を出すよう設定しています。

次に、Googleアドセンスサイトからコードを取得する方法を説明します。

Googleアドセンスサイトからコードを取得

プラグインに貼り付けるコードはアドセンスサイトにログインして取得します。

下の図では既に3つのタイプの広告ユニットができていますね。さきほどAd3に設定したレスポンシブデザインの広告も登録されています。

Google AdSenseにログインして、「広告の設定」→「広告ユニット」→「新しい広告ユニット」を選択します。

広告の種類は「テキスト広告とディスプレイ広告」を選択します。

次に広告の名前を設定します。

ここではサイドバーに出す大きな広告のラージスカイスクレイパーを選択しました。

保存してコードを取得を選択します。

これで広告コードの作成は完了です。広告コードにあるコードをクリックするとコード全体が選択されるので、コピーしてWP QUADSへ貼り付けます。

アドセンスの広告ユニットにラージスカイスクレイパーが登録されました。

アドセンス広告へ「スポンサーリンク」の文字を追加する

このプラグインを利用すれば、「スポンサーリンク」の文字を追加するのも簡単です。

こんな感じのやつですね。

 

これも、貼り付けたコードに スポンサーリンク<br /> を追加してやるだけ。

WP QUADSのプラグイン、アドセンス広告管理には必須ですね

すごく便利なプラグインでした。およそアドセンスでやりたかったことを全て叶えてくれるスグレモノです。

必要最低限のことはできましたが、他にも機能は豊富で、記事の行数を指定して広告を表示したり、タグを指定した場所にピンポイントで広告を出したりといったことができるようです。

ただ、各記事では思い通りに広告を出力することができたのですが、トップページに広告がでなくなってしまったので、出す方法を探してみます…。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です