実際にAcronis BackupのツールでUSBブートして復元してみた

USBメモリでブートして、外付USBハードディスクに格納されているデータを復元

実際にAcronisBackupでイメージバックアップを復元してみました。
準備物はAcronisブータブルメディアと呼ばれるAcronis独自のブートツールです。これがあればWindowsを起動しなくてもパソコン全体のバックアップをとったり、リカバリすることができます。
Windowsを起動せずに処理できるため、とにかく処理を高速、安定させることができます。

1.AcronisブートUSBメモリをパソコンにセットします。

2.続いてイメージバックアップデータが格納された外付けハードディスクドライブもセットします。

3.(富士通のノートパソコンの場合)電源起動時に「F12」キーを押すことで下のようなブートメニューを表示させることができます。

4.ブートメニューで「USB HDD」を選択します。

5.Windowsではなく、Acronisのツールが起動します。

6.Acronisのブート画面が起動されました。Linuxで作成されているようです。

7.メニューから「復元」を選択します。

8.イメージバックアップデータの格納先を指定します。

9.下の「LNPC044」フォルダにイメージバックアップデータが格納されています。

10.選択したバックアップイメージの詳細が表示されます。下の画面で下段の「バックアップ内容」の右側を「ディスク」に変更します。
※Windows8.1移行の場合、ディスク単位で復元しないとエラーになることがあります。
※また、BIOS(UEFI)設定で、セキュアブートは無効にしておきましょう。特にWindows7の場合はセキュアブートを無効にすることと、互換性サポートモジュール使用するに設定しておかなければ、無事復元処理が完了しても、システムが正しく起動しません。

11.次に復元先を選択します。下の中段にある「必須」の部分を選択します。

12.ディスク3を選択します。ディスク3は、ここでは内蔵ハードディスクドライブをさします。
※エラーメッセージが表示されていますが、無視して復元処理を開始します。

13.OKを選択すると、復元処理がはじまります。
ハードディスクの容量にもよりますが、復元処理は概ね15~20分程度で完了します。(ちなみにバックアップ時間は10分程度で終わりました。もちろんUSBメモリブートにてイメージバックアップを取得してます。)

同機種による復元であれば、ほぼ100%復元することができます。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です