えんとつ町のプペル光る絵本展(イオンモール今治新都市)行ってきました!

クオリティの高さにビックリ!

絵本の個展を観るのは初めてです。それでもこの光る絵本というみせ方は非常に斬新ではないでしょうか。

 

キングコング西野亮廣さんの絵本「えんとつ町のプペル」は内容もすばらしいのですが、絵本を売る戦略や西野さんの考え方に勉強させられることが多いです。

世間の批判に流されず、自分の信じる道を実直に突き進む行動力からは、いつも勇気をいただいています。

 

西野さんはすごく純粋でシンプルな考え方をされていると思います。

えんとつ町のプペル」のストーリーからもその姿勢が伝わってきます。

 

 

また、絵本を売るためにクラウドファンディングで当事者を作ったり、何冊売れれば元が取れるのかを調査したり、絵本を無料公開することで逆に絵本の売上を伸ばしたり…。

この辺は西野さんの著書「魔法のコンパス 道なき道の歩き方」に細かい内容が記載されています。本当に頭の良い方だなぁと素直に感心しました。

 

一見、常識から逸脱した行動にみえるけど、疑問に思ったことを調べて真実を調べようとする。

行動に移し、動きながら対策を考えてどんどん突き進んでいくところからは多くの刺激を受けました。

 

う~ん、まだ若いのにすごい!見習わねば。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です