伝送通信ソフトをISDN→インターネット請求に切り替えてみた

ISDN回線を利用した請求からの別れ

2017年3月をもって、長らく介護保険の伝送請求で利用されてきたISDN回線を利用した伝送通信が利用できなくなります
お客様先でISDN請求からインターネット請求に切り替えてみたので、作業内容を載せておきます。

主な手順

最初に、お客様にインターネット請求切り替え申込書を提出いてもらう
しばらくすると、インターネット請求用のID・PW通知が到着(電子請求登録結果に関するお知らせ)

・伝送ソフトVer7以上をインストール。
伝送APIインストール (忘れやすいので注意)。
・電子受付システムへログイン パスワード変更 本番パスワード登録。
・メールアドレス登録(※お客さんのメールアドレスが必要)。
※伝送ソフトによるインターネット請求はログイン時に上記本番パスワードが必要。仮パスワードの状態ではダメ。

電子証明書ダウンロード。
※発行手数料が必要。3年間13,200円。次回の介護給付費より控除。

※完了通知が届くまでに1~2日要する。

・証明書をダウンロードして適用。

お客様先では1日でダウンロード対象に登録されていました。
証明書を登録して完了です!

思っていたより簡単だったので助かった…。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です