Adobe Readerの「acrord32.exe」プロセスが常駐してPCが遅い!?

タスクマネージャに「acrord32.exe」にが何個も常駐

電子カルテの管理端末が異常に遅く、業務に支障が出てしまっていました。

詳しい原因がよくわかりません。

 

いろいろ調べていくと、タスクマネージャにacrord32.exeというプログラムが2つ、3つ存在している…

CPU使用率を80%近く専有している… なんだこれ??

 

acrord32.exeの正体はAdobe Reaverのアップデート行うためのプログラムだったようです。

 

もちろん対処方法もすぐ見つかりました。

 

 

対処方法

Adobe Readerの設定を下記の通り変更します。

 

  • 環境設定 > アップデーター > アップデートのダウンロードやインストールを自動的に行わない
  • インターネット>「バックグランドでのダウンロードを許可」チェックを外す

 

上記状態であるにもかかわらず、現象が改善しない場合は…

あまりやりたくありませんが、Adobe Readerの最新版を再インストールします。

 

 

再インストールを行っても改善しない場合は、「Adobe ReaderおよびAcrobat用のCleaner Tool」を試してみるしかなさそうです。

 

Adobe Cleaner Tool

 

Adobe Readerのゴミを残らず綺麗さっぱり消し去って、一から出直しという原始的な方法ですが…

 

Adobe Readerは欠かせないツールだけに、速度向上のメンテナンスはしっかりしておきべきですね。

 

 

Adobe Reader DCの印刷が遅い場合」は、こちらも参考にしてみてください。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です