Windows10でWindows Defenderを完全に無効化する方法

こんにちは、MFTです。

 

専用のウィルス対策ソフトを導入したため、干渉すると嫌だなと思って

Windows10でWindows Defenderを無効にしようと考えました。いいのかな…?

 

設定からDefenderのリアルタイム検索をしないよう修正したのですが、

いつの間にか有効になってしまい、うまくいきません…。

 

無効にする手順

Microsoftコミュニティサイトに参考になる情報が掲載されていました。

  • ショートカットキー Windowsキー+ Rを押す。
  • ファイル名を指定して実行で gpedit.msc を入力し、Enterキーを押す。
  • グループポリシーエディターが開く

 

下記の設定項目へ移動します。

 

コンピューターの構成

-管理用テンプレート

-Windowsコンポーネント

-Windows Defender ウィルス対策

 

ここで「Windows Defender ウィルス対策を無効にします」をダブルクリック。

 

ここの設定を有効に変更し、適用します。

 

ややこしいのですが、

無効にすることを有効にする

つまり無効になる、ということですね。

 

設定変更したら、再起動しましょう。

 

これでWindows Defenderは無効になっているはずです。

 

 

読んでいただき、ありがとうございました。

では、また!

 

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です