Windows10でWindows Defenderを完全に無効化する方法


Windows10でWindows Defenderを無効にしようとして、設定からDefenderのリアルタイム検索をしないよう修正したのですが、いつの間にか有効になってしまいます。

Microsoftコミニティサイトに参考になる情報が掲載されています。

Windows10ではgpedit.mscでWindows Defenderについて、日本語版の場合、Endpoint Protectionと表記されています。

Endpoint Protectionと、Windows Defenderは同じです。

無効にする手順

  • ショートカットキー Windowsキー+ Rを押す。
  • ファイル名を指定して実行で gpedit.msc を入力し、Enterキーを押す。
  • グループポリシーエディターが開く

 

下の経路へ移動します。
コンピューターの構成>管理用テンプレート>Windowsコンポーネント>Endpoint Protection>

ここでEndpoint Protectionを無効にするをダブルクリック。

”Endpoint Protectionを無効にする” これを有効にクリックし、適用します。
タスクマネージャーでWindows Defenderの関連プロセスを終了して、再起動をおこないます。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です