トルコリラFXで不労所得を毎月92,000円得る方法

追記:2020年1月2日

こんにちは、MFTです。

トルコリラFXで不労所得を得る方法を記載していますが、現在は全く推奨していない投資手法です。

記事を読む前に、こちらをご覧ください。

関連記事

結論 追記:2019年12月21日 MFT トルコリラFX投資はしてはいけません! この結論に至りました。 トルコリラ投資に興味を持たれていた方々、申し訳ございません。 残念ながら、トルコリラFX投資[…]

 

トルコリラFXはかなり危険な投資です。お勧めできません。

反面教師として、浮かれた下記記事をご連絡ください。。

 

トルコリラFXのスワップポイントで不労所得を作ろうと考えた

私は現在、FXで不労所得を毎月約92,000円くらい獲得しています。

 

どうやっているかというと、FXのスワップポイントという仕組みを利用しています。

 

FXにはスワップポイントという、他国通貨を保持しているだけでお金が入る仕組みがあります。

スワップポイントとは両国間の金利差

金利が安い国から金利の高い国の通過を買うことで金利差が発生し、その金利収入が入ります。

それがスワップポイントです。

 

トルコリラはスワップポイントがとても大きい

私は現在、FXのトルコリラ円と、南アフリカランド円のポジションを保有しています。

理由は、両方ともスワップポイントがとても大きいからです。

 

特にトルコと日本の金利差は大きく、スワップポイントは2017年10月現在で85円~90円ほど。

「スワップポイントが90円」の時に、トルコリラ10,000通貨もっていると、1日90円もらうことができます。

 

2017年10月現在で1トルコリラは日本円で30円くらい。

このとき、トルコリラを10,000所有するということは、日本円で10,000リラ×30円=300,000円が必要になります。

それが、FXのレバレッジという仕組みを使って、実際は300,000円よりも全然少ない金額で取引ができるようになっています。

 

日本円をリラへ10,000通貨変えておくだけで、1日90円1ヶ月約2,700円1年約32,400円手に入れることができる!ということです。

ということは、100,000通貨で324,000円/年

1,000,000通貨なら3,240,000円/年

のスワップポイントが入ってきます。

 

遊んでいても、寝ていても入ってきますので、完全な不労所得です。

 

これ、単純に凄くないですか?

なので、トルコリラ始めました

 

単純すぎますよね。

後述しますが、後で相当痛い目をみることになります。

 

もちろん、当然、当たり前ですが、ハイリターンにはハイリスクがつきものです。

 

トルコリラFXのリスク

スワップポイントは非常に魅力的ですが、もちろんリスクはつきもの。

トルコリラの相場は非常に不安定で、ここ2年間、下落の一途を辿っています。

例えば、先程の例でトルコリラが30円のときに10,000通貨保有しているとき、

相場が1円下がってしまうと、300,000円→290,000円になってしまいますので、10,000円の評価損が出ます。

 

もし、100,000通貨保有していると、100,000円の評価損

1,000,000通貨も保有していたら、1,000,000円の評価損になってしまいます。

 

1円下がっただけで、これだけのダメージがあります。

これだと、せっかくスワップポイントが入っても一瞬で吹き飛びますね。

しかも、トルコリラのような新興国通貨は1日で2円程度変動することもあります。

 

その時、気にしなければならないのはロスカットという強制退場です。

 

たとえば、「200,000円を口座に入れ、100,000通貨トルコリラを購入した」とします。

100,000通貨のトルコリラを購入するためには、担保として12,000×10=120,000円ほどの証拠金が必要になります(2017年10月時点)。

担保となる証拠金を下回ると、その時点の相場で即時決済されてしまいます。

 

しばらくすると、30円だったトルコリラが29円へ1円下落したとします。

トルコリラが30円→29円へ1円下落しただけで、100,000円の評価損になります。

 

つまり、口座資金200,000円ー評価損100,000円=100,000円となり、証拠金の120,000円を下回ってしまったので、

口座価値が120,000円になった時点でロスカットになります。

それは、200,000円が120,000円となり、80,000円の損失が確定したことを意味します。

 

怖いですね。

 

南アフリカランドもスワップポイントが高いですが、トルコリラ同様、新興国通過リスクがあります。

 

まとめ

トルコリラを約2年半持ち続けて得た教訓は…

  • かならず低レバレッジでポジションを保有すること
  • 何円までの下落に耐えられるか、完全に把握しておく
  • 一気に資金投入せず、少しずつ積み立てていることが望ましい

トルコリラは今、歴史的にも最も安い水準で推移しています。

ということは、今エントリーしておくことで、長期的に為替差益を得るチャンスとも言えます。

 

…と、思って2年前にエントリーしてこの有様なので、素人が気軽に手を出すものではないと反省しました。

ただ、上記3つのルールを守れば、非常に面白い資産運用だとも感じています。

 

今は瀕死の重傷を負った状態ですが、不死鳥のごとく蘇るかもしれません。

その時は声高らかにトルコリラ投資を雄弁と語らせて頂きます!

 

ロスカットされた時も報告しますので、是非笑ってやってください。

 

追記:2020年1月2日

…そして、本当にロスカットされました。。

関連記事

結論 追記:2019年12月21日 MFT トルコリラFX投資はしてはいけません! この結論に至りました。 トルコリラ投資に興味を持たれていた方々、申し訳ございません。 残念ながら、トルコリラFX投資[…]

 

 

追記:2017年11月22日

現在のFX不労所得は月額76,600円です。。残念ながら下がっています。

スワップポイントは日々変動しますので仕方ありませんが…

ただ、トルコリラ円の相場がだだ下がりで含み損がさらに膨れ上がっています…とほほ。

 

それでも、腐らず頑張っていますよ〜

 

冷静にリスクをコントロールしなければなりません。何事も勉強です。

状況判断を的確に行い、淡々とやるべきことをやっていきます。

 

それでもロスカットされたら、やはり笑ってやってください…。

最新情報をチェック!
>副業と資産運用で自由になろう

副業と資産運用で自由になろう

サラリーマンの給料だけでは到底自由になれません。 自由になるためにはお金が必要。何とか時間を確保して、副業や資産運用を行う必要があります。 失敗だらけですが、私の副業と資産運用についても包み隠さず赤裸々に公開しています。

CTR IMG