【悲報】トルコリラ強制ロスカット!!資産570万円が一瞬で吹き飛んだ

トルコリラ円まさかのロスカット

こんにちは、MFTです……。

 

今日早朝、スマホのFXトレード画面を観て身体が固まりました。

連日下がる相場、膨らむ含み損。

すでに瀕死の重傷を負っていたところへ、1.5円以上下がるパニック相場が起こります。

 

その時は無情にも、一瞬でやってきました…

 

「もうだめだ。」と思った瞬間、頭の中が真っ白になって、ただ呆然とスマホの画面を眺めていました。

 

薄々感づいてはいましたが、本当にロスカットされる日がやってくるなんて…

 

600万円くらいまで積み上がっていた資産が一瞬で吹っ飛びました……(正確には証拠金の30万のみ残して…)

 

しばらく、現実を受け入れることができず、布団の上に座り込んで呆然としてしまいました。

 

前日に17,000リラ損切で▲35万円

ロスカットされる前日も、連日の下落で精神は大きく疲弊していました。

 

こんな状態では、6月に予定されている大きなイベント(トルコ中銀政策金利発表&大統領選挙)で予想される大きなボラリティ(相場変動)に耐えられない…

MFT
どうしよう… どうしたらよいかわからない… 追加入金するお金ももうない…

でも、叱咤激励のリプをいただき、少し正気を取り戻します。

 

そうだった… オロオロして思考停止している暇はない。

 

 

この期に及んで優柔不断な私…

損切しない信念が邪魔をして、なんとも中途半端な損切。

今思えば、この程度の損切では時間稼ぎにもなりません。

 

ここで思い切ってバッサリ損切しておけば、ロスカットされずにすんだかも?しれません。

 

…残念ながら、あまりにも決断が遅すぎたようです。

 

反省

トルコリラ円投資失敗要因:とりすぎたポジション

あまりにもダメージが大き過ぎて、まだ現実を直視できていません。

以前、豪ドルでも▲45万円のロスカットをくらいましたので、今回で2回目のロスカットです。。

教訓が全く活かされないばかりか、▲570万円という致命傷…

自分の投資センスのなさを、ただただ呪いました。

 

 

スワップ金利の高さに浮かれ、許容範囲を大きく超えたポジションをとってしまったことが最大の要因です。

360万円投下資金に対して、最大で323,000通貨ポジションは、トルコリラ相場に対してはあまりにも無謀でした。

「トルコリラは損切しない」という謎の意思を貫き、下がる毎にナンピンを繰り返すのみの素人丸出しの投資法……

 

考えれば考えるほど稚拙な戦略。

本当に恥ずかしい限りです…

 

私がロスカットされた後も、相場は容赦なく下がっていきました。

 

嘆いてばかりいてはいけません。。

気力を振り絞り、反省しないと本当に無駄になってしまう。

今からトルコリラ円投資をするならこうする

そうです。わかっていたことですが、トルコリラは不安定な新興国通貨です。だからこそ金利を高くして外貨を呼び寄せているのです。

と、いうことは当然相場は不安定になります。過去のリラ円チャートもそれを物語っていますし、トルコの政情や経済政策から将来を楽観視できる情報はほとんど入ってきません。ネガティブな話題ばかり。

そういった通貨を相手にするときは、それ相応の対策を練った上で対峙する必要があります。当然ですね。

 

あっきんさんのブログにも書かれていますが、トルコリラを買うなら積立が鉄則です。

積立であればまとまったお金も必要ありませんし、下落局面で安く買うことができます。

3年間下落局面しかなかったトルコリラのような通貨は、下落局面を狙える余力をもっておくことは絶対条件です。

 

この下落局面で安く買うことができないことが、なんと口惜しかったことか…

しかし、「下がったから買い増せばいい」と何も考えずポジションを増やせば、私のように地獄を見ることになります。

 

しかも、最近レバレッジが25倍→10倍になるという情報も入ってきています。

今後はレバレッジ10倍までになると想定した上で運用する必要がありますね。

まあ、トルコリラ投資で間違ってもレバレッジ10倍運用はしてはいけません。絶対低レバレッジで始めるようにしましょう。

 

 

追記 2018年6月27日 トルコ大統領選挙結果

2018年6月24日(日)のトルコ大統領選挙結果は、大方の予想通り現職のエルドアン大統領が当選確実となりました。

相場は23.30円付近から23.80円まで上昇。

期待で買われず、結果が確定したことで少し戻した形になったようです。

 

ただ、まだまだトルコリラは相変わらずの低空飛行…

そして、利下げ圧力の強いエルドアン大統領再選。独裁への懸念。政治不安。金融不安…

残念ながらトルコリラの明るい話題は少なく、不安要素は消えないまま。。

 

ロスカットから1ヶ月経過し、冷静に考えてみましたが、、

 

「やっぱり高金利通貨投資は面白い」

 

という結論に行き着きました。

 

理由は、

・通貨リスクがあるからこそ高スワップ益が見込める

・リスクはドルコスト平均法の積立投資でコントロール可能

 

結局、投資対象に問題があるのではなく(いや、あるか…)、投資手法に問題があるケースがほとんど。

今回の失敗は、まさに投資手法の誤りが招いた事故と言わざるを得ません。

 

復活には時間がかかりますが、失敗の経験を生かして再起したいと思います。

 

FX会社もセントラル短資に限定せず、高スワップなマネーパートナーズみんなのFXなども活用していこうと思っています。



 

ロスカットされた愚かな私を盛大に笑ってください。

この苦すぎる失敗を忘れないために…。

 

溶かした資産、経験を無駄にしないことですね。

生きているだけでも御の字なので、失敗を恐れずこれからもチャレンジしていきます。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です