WordPressサイト移行をプラグイン「ALL-IN-ONE WP MIGRATION」を使ってやってみた

サイト移行で大失敗!

こんにちは、MFT(@LW_MFT)です。

 

今、お客様のサイト作成をお手伝いさせていただいています。

テストで作ったサイトを、別ドメインへ移行したいと思い、

「サイト全体をバックアップするプラグインを利用して、移行先へ復元すればいいんだろう」と、

浅はかな考えで見切り発車したところ…

 

バックアップ用プラグイン「UpdraftPlus」のバックアップ/復元機能を利用すれば、

別ドメインへ簡単にサイトを移行できると考えた私。

 

また、よく調べずに行動してしまい、事故を起こしてしまいました。。学習能力のない私。

 

UpdraftPlusで別ドメインへ復元し、WordPressの管理画面にログインできなくなりました。

移行先のサイト(ドメイン名/wp-admin)へ入ろうとすると、移行前の管理サイトへリダイレクトされてしまう。。

 

涙のサイト初期化

悪魔のリダイレクトを解消する方法はあるのかもしれませんが、

この解決にあまり時間を費やしたくありません。

 

もともとテスト用のサイトだったし、移行先サイトを思い切って初期化することにしました。

 

 

※ここから先は、サイトを初期化してしまう設定なので、初期化されて問題がある方はもちろんマネしないでください

 

エックスサーバーのサーバーパネル→ドメイン設定から、初期化したいサイトの「初期化」ボタンをクリック

 

初期化の処理方法は「ドメイン設定の初期化」を選択

 

あらゆるものが初期化されてしまいそうで怖いですが、思い切ってクリック!

 

おお、いとも簡単に初期化完了。

 

左下の「WordPress」簡単インストールから、WordPressを再セットアップ。

 

一瞬でWordPress復活! いい時代だなぁ…。

 

それにしても、ほんとにエックスサーバーにしてよかったと思います。

困ったときに情報が多くていつも助かります。

 

 

ALL-IN-ONE WP MIGRATIONに救われる

バックアップにはバックアップのプラグイン、

サイト移行にはサイト移行のプラグインがちゃんとあります。

 

「ALL-IN-ONE WP MIGRATION」プラグインで、うまく別ドメインへ移行できました。やったね。

 

操作方法はすごくシンプルです。

 

WordPressメニューの ALL-IN-ONE WP MIGRATION からエクスポート→ファイルをクリックします。

ちなみに、エクスポート先の「ファイル」以外は有料になってしまうようです。

 

ファイルを選択すると、ダウンロード画面が表示されます。

緑の部分をクリックしてダウンロードします。

512MB以上のファイルサイズをダウンロードする場合も有料っぽいですね。

 

ファイルがエクスポートされました。

 

あとは、移行先サイトのWordPress管理画面からサイトをインポートするだけです。超シンプル!

確認メッセージが表示されたら、

PROCEEDボタンをクリックしましょう。

 

これで完了です!

 

無事、移行先のサイト管理画面へログインすることができました。

 

これで、「テスト用サイトで作って、完了したら正式ドメインへ移行する

といった運用ができます。

 

これは、大きなメリットがありますね。

  • ドメインが決まらなくても気にせずサイトを作成できる
  • 安価なドメインを取得してミラーサイト化できる

等など…

 

便利なプラグインがたくさんありますね。ありがたいことです。

 

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です