他のコンピュータ経由でネットに接続する「インターネット接続の共有」をしてみた

「インターネット接続の共有」機能を使ってみました。

 

基本的に、インターネットに接続できないネットワークがあって、

その中の1台だけ、NIC(LANカードのこと)の2枚刺しや無線LANなどで、

どちらか1つのNICからインターネットに接続できるとします。

 

やりたかったこと

  • WindowsServer2012R2のサーバー機のみNIC2枚刺しでインターネットに接続可能
  • Windows10HomeのPCからサーバー経由でインターネットに接続したい

 

やりかた

サーバーのインターネットに接続できるNIC(イーサネット2)の設定で、

「共有」タブにある「ネットワークのほかのユーザーにこのコンピュータのインターネット接続をとおしての接続を許可する」

にチェックをいれます。

 

続いて、インターネットにつながっていないPCのNICの設定で、

デフォルトゲートウェイのIPアドレスをインターネットに接続できるPCにします

(ここでは、接続できるPCのIPアドレスは192.168.30.2とします)。

 

それだけで、びっくりするほどあっさりとインターネットに接続できました!!

 

かなり昔からある機能らしく、今更感満載ですが、普通に感動しました。

 

普段ネットにはつなぎたくないけど、アップデートとかで一時的に全端末ネットにつなぎたい

といった使い方の場合は便利ですね。

 

 

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です