他のコンピュータ経由でネットに接続する「インターネット接続の共有」をしてみた

「インターネット接続の共有」機能を使ってみました。

 

基本的に、インターネットに接続できないネットワークがあって、

その中の1台だけ、NIC(LANカードのこと)の2枚刺しや無線LANなどで、

どちらか1つのNICからインターネットに接続できるとします。

 

やりたかったこと

  • WindowsServer2012R2のサーバー機のみNIC2枚刺しでインターネットに接続可能
  • Windows10HomeのPCからサーバー経由でインターネットに接続したい

 

やりかた

サーバーのインターネットに接続できるNIC(イーサネット2)の設定で、

「共有」タブにある「ネットワークのほかのユーザーにこのコンピュータのインターネット接続をとおしての接続を許可する」

にチェックをいれます。

 

続いて、インターネットにつながっていないPCのNICの設定で、

デフォルトゲートウェイのIPアドレスをインターネットに接続できるPCにします

(ここでは、接続できるPCのIPアドレスは192.168.30.2とします)。

 

それだけで、びっくりするほどあっさりとインターネットに接続できました!!

 

かなり昔からある機能らしく、今更感満載ですが、普通に感動しました。

 

普段ネットにはつなぎたくないけど、アップデートとかで一時的に全端末ネットにつなぎたい

といった使い方の場合は便利ですね。

 

 

最新情報をチェック!
>副業と資産運用で自由になろう

副業と資産運用で自由になろう

サラリーマンの給料だけでは到底自由になれません。 自由になるためにはお金が必要。何とか時間を確保して、副業や資産運用を行う必要があります。 失敗だらけですが、私の副業と資産運用についても包み隠さず赤裸々に公開しています。

CTR IMG