格安スマホで無料の留守番電話機能を利用する方法

こんにちは、MFTです。

 

ASUSのZenFone2 Laserを無事、通話専用スマホ化でき、ホッとしております。

 

私が通話専用スマホに求める機能は

  1. かけ放題
  2. 極限まで安く(937円/月)
  3. 連絡帳の同期(Gmail連絡先)
  4. 通話内容の録音ができる
  5. 留守番電話

 

1~4までは達成しました。

でも、5がどうしてもできなかったんです。

 

4,5は相性が悪く、通話録音機能を利用すると、伝言メモ機能が使えません。

以前対策を行ったこともありますが、結局完璧ではありませんでした。


格安スマホに高額の留守番電話サービスを利用すると、

こんどは「2.極限まで安く」の要件を満たさなくなります。

 

色々と試しては失敗してきましたが、

この度ようやく5.留守番電話機能の実装に成功しました。

もちろん無料です!

 

IP電話のサービスを使う

具体的な方法は

  • IP電話サービス「SMARTalk」を使う
  • IP電話サービスへ転送する

これだけです!

 

IP電話サービス「SMARTalk」を使う

まずはSMARTalkでアカウントを作ります。

 

私は留守電専用で使っているので完全無料で利用できています。

発信する場合でも30秒8円で国内外問わずかけられるので、普通にお得ですね。

 

アカウントを作成したら、マイページの設定画面→各種設定から

「着信転送/留守番電話設定」を選択して、

 

留守番電話設定を行います。

呼出時間は即時にして、

着信通知留守録した音声データをメールで飛ばす設定をかけます。

 

IP-Phone SMARTの留守番電話設定方法

 

これでSMARTalk側の設定は完了です。

 

  • IP電話サービスへ転送する

 

次に、ガラケー側で、

「所定の時間、電話を取らなければIP電話の番号へ転送する」

設定を行います。

 

My SoftBankから設定を行います。

 

「留守番電話 転送電話」を選択します。

 

「指定の電話番号に転送」へIP電話の電話番号を入力します。

 

「設定」ボタンを押して確定します。

以上でガラケー側の転送設定は完了です。

 

転送設定の注意点

上記設定では、転送までの呼び出し時間は10秒に設定されていますが、

10秒だと、コール音が鳴らずにIP電話の留守電音声案内が流れてきてしまうことがありました。

 

ソフトバンクの転送電話サービスの呼び出し時間は15秒が最適でした。

 

本来であれば090や080から050へ転送すると、

番号から転送すると通話料が発生してしまいますが、

通話し放題SIMのなので、もちろん通話料は発生しません

 

 

これで、念願の通話録音と留守番電話を格安スマホで実現するという夢を達成しました…。

 

格安スマホも娘のお下がりで0円という、コスパ最強です…。

 

また、新たなコスパ最強へ向けて、お金かけて(?)投資して行く所存です!!

 

読んでいただき、ありがとうございました。

では、また!