【空き家活用事例】DIY超苦手な私が田舎の空き家を資産化する(1)

空き家の問題点

こんにちは、MFTです。

田舎にこんな感じの160坪の空き家を所有しています。

 

空き家紹介の動画はこちら

 

MFT
ご存知のとおり、空き家は負動産(負の資産)です…。

 

固定資産税がかかる

毎年6万円(建物4万+土地2万)くらいかかります。

余談ですが、固定資産税って相続放棄しても逃れられないんですね。皆さんはご存知でしたか?

 

光熱費がかかる

毎月電気代500円、水道代1,200円くらい発生しています。

全く未使用状態でも、基本料ベースで発生します。

年間20,000円くらいの出費。これも地味に辛いです。

掃除や、作業することを考えると完全に止めることができません。

 

修繕費用がかかる

雨漏りが発生していたため屋根の修理をしました →50,000円

土地を名義変更するための費用 →200,000円

名義変更には不動産取得税や贈与税など、さらに大きな費用が発生します。

 

 

空き家は本当に始末が悪く、じっとしていても、なにかしようとしても

「お金が常に出ていくのみの状態」になります。

 

いっそ手放すことができればいいのですが、ボロボロの状態では売れません。

ある程度修繕しなければ貸すことも売ることもできません。

また、修繕しても売れるかどうかわかりませんし、思い切って取り壊して更地にしても、売れなければ固定資産税は6倍に跳ね上がります…。

 

まさに八方塞がり。

散々調べてみたのですが、なかなか良い解決方法が見つかりません。

 

そんな時、友人から画期的なアドバイスが。

 

売買でも賃貸でもない「時間貸し」

空き家を時間貸ししたらいいんじゃない?
友人

友人の話では、結構な田舎でも、人が集まる場所の確保に困ることが多いようです。

 

例えば、

  • 小さい子供連れのママ友さんが集まる場所がない
  • 帰省した友達と集まって、気兼ねなく長時間いられる場所がない

 

といった感じで、仕方なくファミレスとかで我慢しているとのこと。

 

都会ではすでにタイムルームという部屋の時間貸しサービスがありますが、

その田舎版といった感じでしょうか。

 

「時間貸し」か… なるほど、気がつかなかった。

 

私自身、仕事中に、ちょっと作業スペースを借りたい時があります。

 

Wi-Fiと机とトイレがあれば、全然ワークスペースになるし、

少し仮眠を取りたいといったときも便利です。

 

地方はワークスペースが少なくて、いつもコンビニのWi-Fiをひろって、

車の中で仕事をすることが多いのですが…

(仕事をしている写真がなかった…。)

 

車の中はせまいし、トイレが近い私は何度もトイレを借りるのに気が引けていました。

 

もし、超格安でスペースを借りることができたら…

そんなサービスがあったら自分も使いたい!

 

また、時間貸しであれば、多少修繕に問題があってもクレームになりにくい(?)し、きちんとしたお風呂を用意する必要もありません

 

空き家の駐車場は広いし、少し整備すれば車もたくさん停められます。

 

電気、水道は問題ないので、不要な物を処分して、少し直せばすぐにでも利用できます。

 

初期投資をあまりかけずに始められそうなので、

とりあえず、田舎の空き家を時間貸しできるようにしたいと思います

 

やっと方向性が定まりました!

 

田舎の空き家は「売る」「貸す」しかないと思いこんでいました。

やり方は色々あるもんですね。

 

セルフDIYをやろうと思ったきっかけ

友人から画期的な案をもらったことも大きいのですが、自分で家をなおしてみようと思ったきっかけは他にもあります。

 

Voicy 「サウザーラジオ」

一番影響を受けたのは、耳メディアVoicyの「サウザーラジオ」です。

勤め人を卒業するためのマインドセットを勉強させてもらいました。

パーソナリティーのサウザーさんは、副業でボロ戸建てを再生して賃貸に出し、資産を増やしていく手法をとられていました。

 

不動産についての本を何冊か読んでいます。

この「空き家の実家を収入源に変える法」も追っかけで読んでいますが、

色々なパターンの空き家活用法や考え方が書かれていて、すごく参考になりました。

 

 

 

まず、床がボロボロなので、そこから直していこうかな…。

 

空き家は少し離れた場所にあるので、時間はかかりますが、少しずつ負債を資産に変えていきたいと思います。

 

読んでいただき、ありがとうございました。

では、また!