【コスパ最強】バックアップソフト「EaseUS Todo Backup」の使い方

コスパ最強のバックアップツール

バックアップ、復元ソフトといえばなんといってもAcronis Backup

…と思っていましたが、先日、思いがけない窮地を救ってくれたEaseUS殿。

 

こちらの爆速パーテション操作ツール「EaseUS Partition Master」に感銘をうけた私は、

早速、バックアップ&復元ソフトも試してみることに。

 

結論から申し上げると、やはり最強だなと感じました。

 

以下、セットアップ方法を解説します。

 

ツールの使いかた

1.ツールをダウンロード

最初に公式サイトからツールをダウンロードします。

※サイトがリニューアルされていて下記画面イメージから変更になっています。

 

最初は無料体験してみるのがいいです。

無料体験後、購入する場合はライセンスキーを追加するだけで、環境は引き継げます。

 

仮想環境で利用したり、別PCのバックアップを1台で集中管理する場合はWorkstation版が必要になります。

これらが不要な場合はHome版でも問題ありません。

 

今回はWorkstation版を試してみました。

 

とりあえず体験版で使用感をテストします。

 

ダウンロードファイルの容量は133MBありました。結構大きいです。

 

クーポンもあるようですね。たくさん購入する場合は価格優待があります。

 

2.セットアップ手順

ダウンロードしたファイルを実行して、インストールしていきます。

基本的に「OK」「次へ」で大丈夫です。

 

今回は集中管理は試しませんのでチェックを外します。

 

内蔵ディスクではなく、外付USB接続のハードディスクを選択しました。

 

完了です。インストールは簡単です。

 

3.バックアップ手順

いよいよ実際にバックアップしていきます。

デスクトップ上にあるEaseUS Todo Backupをダブルクリックします。

 

有料版へのアップグレードをうながされますが、まだ試用版で試すだけなので、「後で」を選びます。

(※ちなみに、有料版を購入した場合はこちらの画面でライセンスコードを入力すればアクティベートできます。)

 

初期画面が表示されます。

 

早速、新しいバックアップを取得してみましょう。

「新しいタスク」をクリックします。

 

どのハードディスクをバックアップするかメニューが表示されます。

 

今回は内蔵ハードディスク全体をバックアップしますので、「ディスク0ベーシック」を選択します。

 

ちなみに「システムバックアップ」を選択すると、システムファイルが格納されているドライブのみ選択されます。

 

ターゲット(バックアップ先)は外付ハードディスクドライブ(E:)の「My Backups」フォルダに設定。

 

「バックアップオプション」を選択すると、バックアップをスケジュール設定して自動でとったり、バックアップの圧縮率や分割したり、色々設定できます。

 

すぐにバックアップを取得したい場合はそのまま「実行」でOKです。

 

今回はスケジュールバックアップを行いたいので、バックアップオプションの設定を行っていきます。

スケジュールタブの「新規作成」をクリックします。

 

毎日、毎週とるといった設定や、シャットダウン時にバックアップをとるなどの設定が可能です。

 

古いバックアップの削除も自動で行なえます。

一定期間過ぎた場合、バックアップイメージファイルの数が指定した数を超過した場合などの設定が可能です。

※バックアップをスケジューリングして自動取得する場合は、削除設定は必ず行いましょう

削除設定をしないとバックアップファイルで埋め尽くされてしまい、正常にバックアップできなくなります。

 

「高度な設定」では、PCの電源が落ちていてもバックアップ時間になれば起動してくれる設定があります。

これはいい!と思って設定してみたのですが、うまく起動しませんでした。 …不具合かな。

電源を落として夜中の3時にバックアップするよう設定しましたが、3時にはとれておらず、電源を起動した7時のタイミングでバックアップが走ってしまいました(サポートセンターさんに対処方法を確認してみます)。

 

「実行」ボタンをクリックして、初回バックアップを開始しました。

 

バックアップが開始されます。

CPU:Corei3/メモリ:4GB/HDD:500GBで12分くらいで完了しました。

(HDDの使用率は20%くらいです。)

 

バックアップが完了したら、ハードディスクをSSDへ変更して、バックアップイメージファイルから復元してみます。

 

4.復元手順

せっかくなので、内蔵HDDはSSDへ変更しました。

今回利用したHDDはこちら

 

「ブータブルディスクの作成」で作ったブート用DVDをセットしてPCを起動します。

(ブータブルイメージ作成の説明は割愛していますが、メニューから簡単に作ることができます。

ISOファイルで一旦ディスク上に作成し、メディアへ焼きましょう。)

(※富士通製PCの場合)電源ONした直後にF12キーを押してブートメニューを起動。

EaseUSのメニューが表示されます。

復元するバックアップファイルを選択します。

 

復元先を選択します。

間違えないよう慎重に。

 

復元が開始されます。今回のPCスペックでは10分くらいで完了しました。

 

無事、PCも起動しました。

 

Acronisのツールもよかったのですが、EaseUSはバックアップ&復元操作メニューがシンプルでわかりやすいですね。

スピードも早いし、有料版を購入すると永久的に更新してもらえるのも嬉しいです。

 

他の機能も色々試してみたいと思います。

 

読んでいただき、ありがとうございました。

では、また!

最新情報をチェックしよう!
>副業と資産運用で自由になろう

副業と資産運用で自由になろう

サラリーマンの給料だけでは到底自由になれません。 自由になるためにはお金が必要。何とか時間を確保して、副業や資産運用を行う必要があります。 失敗だらけですが、私の副業と資産運用についても包み隠さず赤裸々に公開しています。

CTR IMG