Acronis Backupのツールを使ってサーバーを復元する方法

サーバーの納期が間に合わない!?

こんにちは、MFTです。

 

病院のお客様で急に電子カルテシステムを稼働させなければならなくなってしまいました。

 

ただ、サーバーの納期が間に合わず、仕方なく

「介護システム用のサーバーを代替機として利用するしかない!」

という珍事が起こりました…。

 

電子カルテ用サーバーが届くまでの一時的な措置なので、また元の環境へ戻す必要があります。

 

新しいサーバーへまた電子カルテをセットアップするのも

介護システムサーバーをもとに戻すのも

 

一からセットアップしていたのではかなり時間を無駄にしてしまいますよね?

 

 

イメージバックアップをとっておき、元に戻せるようにしておく

[bubble]こんなときはサーバーのイメージバックアップを取得しておき、必要なときに戻せるようにしておくのがベストです。[/bubble]

 

サーバーを元の環境へ復元するには、イメージバックアップという、サーバー全体のバックアップを取得しておき、元に戻せるようにしておくのが一番簡単です。

 

イメージバックアップには定評のある、Acronis Backupのツールを使った方法をご紹介します。

(Acronisの公式サイトはこちら。)

 

Acronis Backupでサーバーを復元する

[bubble]すみません。今回は復元のみのご説明です。[/bubble]

 

※イメージバックアップはもう取れているという前提で、復元フェーズのみご紹介します。

 

サーバーはこちら。

富士通の「PRIMERGY TX1330 M3」という機種です。

 

Acronisのブート用USBメモリでサーバーを起動します。

 

富士通製サーバーの場合は、電源ON時に「F12」キーを連打して起動メニューを表示させます。

 

画面に「Entering Boot Menu…」という記述が出たら、起動メニュー呼び出し成功です。

 

これが起動メニューです。

一番上の「BUFFALO USB Flash Disk 1.00」がAcronisのブート用USBメモリになりますので、こちらを選択します。

 

Acronisブートメニューが表示されてきます…

 

 

これがAcronisブートメニューです。

こんな感じでブート用USBメモリがあれば、OSを起動することなくバックアップや復元操作を行うことができます。

 

このメニューから「復元」を選択します。

 

「データ復元」の「必須」を選択します。

 

復元するイメージバックアップのファイルを選択していきます。

 

今回は、外付けUSBハードディスクの所定の位置に格納していたイメージバックアップを選択します。

「LMWSVR」というフォルダに格納されていますので、LMWSVRフォルダを選択してOKボタンを押します。

 

フォルダが選択されると、自動的にイメージバックアップが参照されます。

上段のアーカイブビューは特に意識しなくても、そのままで大丈夫です。

 

下段の「バックアップ内容」をディスクに変更して、ディスク1にチェックを入れます。

 

データの復元先を選択します。

「必須」を押します。

 

復元先は内蔵ハードディスクを指定します。

外付けハードディスクなども候補に上がってきますので、誤って選択しないように注意しましょう。

 

インターフェイスの項目が「RAID」になっているディスクが内蔵ハードディスクで、今回の復元先です。

 

復元準備が整いました。

あとはOKボタンを押すだけです。

 

いよいよ復元処理が始まりました。

ちゃんと元の介護システム用サーバーに戻るのでしょうか…

 

無事、復元処理が完了しました。

処理時間はおおむね40分くらいでした。

 

復元後、サーバーを再起動します。

このときは正常に起動するか、いつもドキドキです。

 

 

やりました!成功です。

無事元のデスクトップ画面が表示されてきました。

 

よしよし、パーテションなどの構成も全く元通り。

40分くらいで元の環境へ戻すことができました

 

今回復元したサーバーのスペックはこの通りです。

復元時間はサーバーの性能やデータ容量に大きく左右されます。

 

 

いやー とにかく無事復元できて何よりです。

今回使用したAcronis Backupのツールは長年使い続けていますが、本当に安定しています。

 

正直あまりやりたくありませんが、突発的にサーバーが必要になった場合、イメージバックアップ、リカバリを活用すれば、「一時的に別用途のサーバーを使って、不要になったらもとに戻す」といったことが可能になりますね。

 

読んでいただき、ありがとうございました。

では、また!

最新情報をチェック!
>副業と資産運用で自由になろう

副業と資産運用で自由になろう

サラリーマンの給料だけでは到底自由になれません。 自由になるためにはお金が必要。何とか時間を確保して、副業や資産運用を行う必要があります。 失敗だらけですが、私の副業と資産運用についても包み隠さず赤裸々に公開しています。

CTR IMG