Ryzen5 2600をベースに総額10万円以内でコスパ最強PCを自作します

こんにちは、MFTです。

 

この度、PCを自作することにしました。

 

普段利用しているPCで動画をエンコードするとき、動きが遅いと感じたことがきっかけです。

 

最初、グラフィックボードを追加しようと考えたのですが、それならCPUがCorei3では性能を十分に引き出せないのではないか、と考えて、ストレージももっと高速化してメモリも積んだら快適になるな…と考え始めました。こうなると自作しかないです。

 

長らくIT関係の仕事に携わってきましたが、PCの自作はしたことがありません。

ただ、業務でお客さんの故障したHDDは散々交換したので、何とかできそうな自負はあります。

 

ここ数日、PCパーツのレビューを見まくり、比較検討していました。

たぶん、一番幸せな瞬間です。

 

コンセプトとしては

  • コスパ重視で性能に妥協しない
  • とはいえ、最高性能は目指さない
  • 動画のエンコードが快適にできること
  • ゲームはほとんどしない
  • OS込みで10万円以内

 

また、各パーツに関しては、詳しくないわけではありませんが、あまり詳しくありません。

 

基本的にレビューを鵜呑みにしたパーツたちですので要注意です。すみません。

 

購入を決めたパーツ

CPU


まず、CPUはRyzen 5 2600にしました。

IntelとAMDのどちらかを選択することになりますが、コスパ重視ならAMDですね。

 

また、第3世代のRyzen5 3600も非常に魅力的でした。

ただ、2600より1万円くらい高かったので、今回は断念です。

 

ゲームはおそらくやらないと思うので、2600で十分だと思います。

 

 

CPUクーラー


CPUにクーラーは付属しているようですが、かなり熱くなるようなので、念の為、別で購入しました。

冷却性能に定評がある虎徹 Mark IIです。

 

 

マザーボード


マザーボードはB450M Pro4にします。

拡張性、将来性は十分のモデルで、もし第3世代のRyzen5 3600を搭載する場合でもBIOSのアップデートで対応できるようです。

 

 

メモリ

メモリは色々種類があって悩んだのですが、DDR4 2666Mhz PC4-21300のこちらにしました。

2666Mhzよりも高い周波数タイプも利用できそうだったのですが、パフォーマンスはそれほど変わらないみたいだったので価格優先で決めました。

 

 

ストレージ


ストレージは最新のm.2規格、Samsungの970 EVO Plusにしました。

m.2ってSSDよりも高速だったんですね。 知りませんでした。

Samsung SSDでm.2とSSDのシーケンシャル速度を比較すると

m.2:読み出し3,500MB/s 書き込み2,300MB/s

SSD:読み出し550MB/s 書き込み520MB/s

これは体感速度が楽しみです。

 

ストレージもヒートシンクで冷却した方が良さそうとの記事が多数あったのですが、今回は見送りました。

 

 

グラフィックボード


グラフィックボードはRX570です。有名なのでご存知の方も多いと思います。

ゲームは基本やらないので、もう少しロースペックでも良かったかもしれませんが、

動画編集を快適にやりたかったので、こちらの商品にしました。

GeForce GTX1050tiと迷いましたが、レビュー動画を見漁って比較したところ、

僅差でRX570スペックが勝っていそうだったので、最終的にこちらにしました。

 

 

電源


電源はThermaltake PS636です。

玄人志向の80 PLUS Bronze 600Wを買うつもりだったのですが、より安価だったのと、Amazonの評価に惹かれただけです。

ケーブルが取り外せるタイプの方がケースの中がスッキリするみたいですね。

 

 

DVDドライブ


DVDドライブは適当に選びました。

最初は必要ないかと思ったのですが、リッピングしたり、DVDに書き出したりするかなと思ってとりあえずつけておく感じです。

 

今は2,000円切った価格なんですね。時代は変わりました…。

 

 

ケース

ケースは完全に価格重視。Amazonよりドスパラの方が安いんですね。

ECA3360B-BT(U3)だと税抜で3,000円切れそうです。

 

…と思ったのですが、ドスパラだと送料が550円かかるため、総額3,828円。

AmazonベストセラーのThermaltake Versa H26 Blackなら送料込みで4,200円。


 

迷いましたが、最終的にUSBポートが全面に4つ搭載されているVersa H26 Blackにしました。

 

 

参考サイト

下記サイトさんはパーツを決定する上で大変参考になりました。

ありがとうございます。みんなホント詳しいですね。

 

 

エンドスタートさん

2019年版 最新のハイスペック自作PCの見積もりまとめ【構成予算10万円】

 

浅く広くPCゲーミングさん

Ryzen5 3600とRTX2060で組んだ予算10万コスパゲーミングPCの性能レビューとパーツ紹介

 

こまたろPCさん

今買うならRyzen5 3600?Ryzen5 2600?ゲーミング性能比較

 

ジェリービーンZ77さん

【ZEN2】コスパ最強RYZEN5 3600で自作PCを組んで徹底検証!【ゆっくり解説】

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

では、また!

最新情報をチェックしよう!
>副業と資産運用で自由になろう

副業と資産運用で自由になろう

サラリーマンの給料だけでは到底自由になれません。 自由になるためにはお金が必要。何とか時間を確保して、副業や資産運用を行う必要があります。 失敗だらけですが、私の副業と資産運用についても包み隠さず赤裸々に公開しています。

CTR IMG