総額1万円くらいで購入したサイクルガレージの組立方法

業者さんにサイクルポートの見積を依頼したら13万円!

娘の自転車1台、折りたたみ自転車1台、私のロードバイク1台と計3台の自転車が雨ざらしの状態になっていました。

 

一時的に自転車カバーでしのいでいましたが、ビリビリに破れてしまい、やはり雨ざらし状態。これでは自転車がサビ上がってしまいます。

会社の同僚に紹介してもらった業者さんにサイクルポートの見積をお願いすると、一番安いタイプのものでも総額13万円もするようです!

 

まあ、でもそんなものですよね。私の認識が甘かったです…

楽天でサイクルガレージを購入!

もともと「自転車が雨に濡れなければそれでいい」というコンセプトでした。

立派なサイクルポートはあきらめて、市販のものを物色したところ、良さげなやつを見つけました。

組み立ても簡単でした。以下に組み立てたときの写真を掲載しておきます。

サイクルガレージを組み立てた時に失敗した2点

組み立てはすごく簡単でした。DIYは苦手なので正直ビビっていましたが、取り越し苦労でした。

必要な工具はドライバー1本のみ。DIY下手の私でも一人で組み立てることができました。

組み立てはすごく簡単だったのに、初心者の私はつまらないところでつまずきます。

 

まずは支柱をジョイントされる部分が3点あるのですが、差し込む向きを間違えておりました

ネジで締め上げた後だったので、やり直しになりました。

 

あと、専用ネジで締め上げるだけだったのですが、受け側のネジ向きを間違えたために一向にネジが閉まらない事態に… 単純なミスですが、余計な時間を費やしました。炎天下なので日焼けした。。

 

結構、精神力を消耗したので、画像を改めてアップしておきますね。

下の写真はネジの受け側です。丸くなっている方が外側を向くようにセットします。向きを間違えるといつまでたってもしっかり閉まりません。

受け側のネジ向きに注意

 

では、実際に使ってみての感想を書いておきます。

 

ハンドルを少し曲げれば縦置きでも3台入る!

ネット上の商品紹介画像では、自転車3台の置き方は横置きになっています。

 

確かに横置きであれば自転車をまっすぐに停めても3台停められるのですが、どうしても置くの自転車を出すのに前方の自転車が邪魔になります。アップした写真のような停め方の方が便利です。

 

自転車のハンドルを曲げてやれば縦置きでも何とか3台入ります

 

ハンドルを曲げてもスペースに余裕があるので、取り出しは全然問題ありませんでした。

 

風対策の重しを付けて万全に

サイクルガレージとしてだけでなく、アウトドアや空調の室外機用とか、色々使えそうです。

 

ちなみに、ガレージを固定するペグは使いませんでした。

 

理由は気軽に移動させたかったためです。せっかく大掛かりなものを導入しなかったので、移動できたほうが何かと便利だと思いまして。

そのため、風対策としては、単純に重りをつけるようにしました。

 

いい感じのものがネットには色々あったんですが、結局ホームセンターで別途購入しました。その方が全然安いし、全く問題ないですね。

 

雨の水が溜まるのが少し残念

1点だけ残念だったのは、雨水が屋根にたまってしまうことです。

 

確かにかなり雨が降りましたが、真ん中付近に結構雨水がたまっています…

 

しかも、溜まったところから雨漏りしちゃっていますねぇ…

 

コストを考えると、柔らかい屋根ゆえの宿命です。

 

屋根部分がたわんでしまうため、落ちきらなかった雨水が溜まってしまいます。

ただ、雨水を下に落とす穴が空いているので、致命傷は防ぐことができています。

溜まる量はわずかなので、下から手で突き上げて水を落としていますが、ちょっと残念。

まあ、値段を考えると愛嬌といったところでしょうか…。

 

もう少し重しで屋根を張りを調整するか、水が溜まりやすいところへポールを立ててみたり、ちょっと対策してみます。

 

このサイクルガレージ、色々探してみましたが、楽天が一番安かったです。

 

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です